/

台風8号が温帯低気圧に 東北で災害警戒続く

(更新)

宮城県石巻市付近に上陸した台風8号は速度を上げながら岩手、秋田両県を通過し、28日午後3時、秋田県・男鹿半島沖の日本海で温帯低気圧に変わった。同日午後も東北や関東では局地的に強い雨が降り、土砂災害や浸水への警戒が続いた。

気象庁によると、東北と東日本は温帯低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気と上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になった。29日夕方までの24時間で東北、北陸、関東甲信の多い場所で80ミリの雨が降る可能性があるという。

台風周辺の発達した雨雲の影響で、28日午後も栃木県佐野市で1時間に74.5ミリの非常に激しい雨、福島県田村市で47.0ミリの激しい雨が降った。北海道の木古内町では最大瞬間風速20.1メートル、青森県五所川原市でも19.0メートルを観測した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン