/

覚醒剤飲ませ殺害か 紀州のドン・ファン事件、元妻逮捕

(更新)
和歌山県警田辺署に入る須藤早貴容疑者(中央、28日午前9時24分)=共同

和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社元社長、野崎幸助さん(当時77)に2018年、致死量の覚醒剤を口から摂取させて殺害したとして、県警は28日、殺人と覚醒剤取締法違反(使用)容疑で元妻の会社役員、須藤早貴容疑者(25)=東京都品川区北品川=を逮捕した。

県警は認否を明かしていないが、事件後の任意の事情聴取に関与を否定していたとみられる。

自身の女性関係や半生を著した本を出版し、欧州の伝説のプレーボーイになぞらえられた野崎さんの不審死から約3年。県警は、50歳以上離れ、死亡の約3カ月前に結婚したばかりだった容疑者が関与したとみて捜査していた。

捜査関係者によると、須藤容疑者は事件前、SNS(交流サイト)で覚醒剤の密売人と連絡を取り田辺市内で接触していたとみられる。また、インターネットで覚醒剤について調べていた。県警は容疑者が覚醒剤を入手し飲ませたとみている。

野崎幸助さんの自宅(28日午前、和歌山県田辺市)=共同

逮捕容疑は18年5月24日、野崎さん宅で、殺意を持って致死量の覚醒剤を摂取させ、急性覚醒剤中毒で死亡させた疑い。

県警によると当日、家政婦は夕食を用意した後に外出。容疑者は野崎さんと2人で夕食を取った。野崎さんの死亡推定時刻は午後9時ごろで、2階寝室のソファで午後10時半ごろ、あおむけに倒れた状態で見つかった。

解剖の結果、胃の内容物などから致死量を超える覚醒剤成分が検出。遺体に注射の跡はなく、防犯カメラ映像から何者かが侵入した形跡もない。県警は夕食以降、2人きりの時に覚醒剤を飲ませたとみて動機を調べる。

県警は28日早朝、都内の自宅で逮捕して空路で和歌山に移送、容疑者宅を家宅捜索した。県警は、野崎さんが飼い犬の葬儀に参加する予定だったことから「自殺を疑う事実はない」と判断した。

田辺市によると、野崎さんの遺産約13億円を全て市に寄付するとの遺言書を確認。弁護士が資産評価し、配偶者との分配を協議するとしていた。野崎さんの親族は、遺言書の無効確認を求め和歌山地裁に提訴している。

野崎さんの死の約2カ月後、経営していた2つの会社の代表取締役は須藤容疑者が引き継いだ。

証拠乏しく捜査難航 「消去法」で絞り込み


伝説上の色男に例えられた野崎幸助さんの不審死は、元妻の逮捕まで約3年を費やした。直接証拠に乏しく捜査は難航。和歌山県警は状況証拠を積み重ね、「消去法」で殺害が可能な人物を絞り込んだとみられる。だが供述が出なければ、起訴に踏み切ったとしても、有罪立証のハードルが高まる可能性がある。

野崎幸助さんの著書=共同
周囲の関係者は取材に「野崎さんは健康に気を付けていた。自分から覚醒剤を使うことはない」と断言。捜査関係者によると、自宅の防犯カメラの解析から、死亡推定時刻の午後9時前後に第三者が出入りした可能性は低く、自殺の動機は見当たらなかった。

ある警察幹部によると、県警は当初から須藤早貴容疑者を重要参考人とみて捜査を展開。しかし「有力な物証となり得る指紋やDNAなどが、家族である須藤容疑者の場合、室内で検出されるのが普通で証拠にならない」という状況だった。

捜査は長期化。水面下で捜査員は人の動きを精査するなどし、須藤容疑者以外が殺害に関与する機会はないと判断。「消去法の捜査」で逮捕にこぎ着けた。
県警の逮捕発表によると、須藤容疑者は事件当日、夕飯の鍋料理を野崎さんと一緒に食べた。記者会見では覚醒剤をどうやって摂取させたのか質問が出たが、幹部は「今のところ、そのまま飲ませたか、何かに混ぜたかは分からない」と説明。殺害の手段には解明すべき点が残る。

1998年に起きた和歌山市の毒物カレー事件も状況証拠しかなく、裁判は初公判から2009年に林真須美死刑囚の刑が確定するまで10年に及んだ。

今回の事件を巡り、県警は容疑者が覚醒剤を自ら入手していたと説明。ルートの捜査で、状況証拠を補強するとみられる。野崎さんは遺産約13億円を田辺市に寄付するとの遺言書を残しており、事件の背景を探る手掛かりになりそうだ。
〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン