/

この記事は会員限定です

線状降水帯予測 的中率「4分の1」なぜ必要?

(更新) [有料会員限定]

気象庁は、局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」の予測情報の運用を6月から始めている。予測情報は全国を11地方に分けて発生の半日前から6時間前をメドに発表されるが、実際に発生する「的中率」は4分の1程度とされる。それでも発表に踏み切ったのはなぜか。どんな対策が求められるのか。3つのポイントから読み解く。

・線状降水帯の予測、なぜ必要?
・気象庁が取り組む「半日前予測」とは
・対象地域の住民が取るべき行動は

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン