/

両陛下、地震の国際会議に出席 御所からオンラインで

世界地震工学会議の開会式でお言葉を述べる天皇陛下と皇后さま(28日午前、皇居・御所)=宮内庁提供

天皇、皇后両陛下は28日、仙台市で開催された第17回世界地震工学会議の開会式に皇居・御所からオンラインで出席された。天皇陛下は「新型コロナウイルス感染症対策も、地震をはじめとする自然災害対策も共に、国際社会の緊密な協力が大切です」と英語であいさつされた。

皇居・御所からオンラインでつなぐ公務は、天皇ご一家が赤坂御所から引っ越されてから初めて。陛下はモニター越しに「過去の災害体験や教訓を世界で共有し、地震と津波による被害を大幅に軽減する重要な機会となることを願う」と述べられた。

世界地震工学会議は、1956年から4年に1度、世界各地で開催される地震工学分野で最大規模の国際会議。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン