/

寝屋川中1男女殺害で死刑確定 最高裁、控訴取り下げ有効

2015年に大阪府寝屋川市の中学1年の男女を殺害した罪に問われ、一審大阪地裁で死刑判決を受けた水海(旧姓山田)浩二被告(51)の控訴取り下げについて、最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)は、弁護側の特別抗告を棄却する決定をした。25日付。取り下げは有効となり、裁判員裁判の死刑が確定した。

一審判決によると、15年8月13日ごろ、大阪府またはその周辺で女子生徒(当時13)の首を手などで圧迫し、窒息死させた。男子生徒(当時12)の首も何らかの方法で圧迫し、窒息死させた。

被告は捜査段階で黙秘し、公判では「2人を殺すつもりはなかった」と殺意を否認した。弁護側も責任能力などを争ったが、地裁は18年12月、検察側の求刑通り、死刑を言い渡した。

弁護側が即日控訴した一方、被告は19年5月、収容先の大阪拘置所に控訴取り下げ書を提出した。大阪高裁は同12月、被告が拘置所の看守とのトラブルから自暴自棄となっていたと指摘し「死刑を直ちに確定させるのは強い違和感とためらいがある」として、取り下げは無効と決定した。

この決定は後に取り消され、高裁が改めて有効性を検討することになったが、被告は20年3月、再び控訴取り下げ書を提出。高裁は「2度目であることは軽視できず、ひとえに被告自身の責めに帰すべきだ」とし、2度目の取り下げは有効と認めた。弁護側は異議申し立ても退けられ、特別抗告していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン