/

この記事は会員限定です

コロナ禍に国民と接点探る、即位2年 社会問題に寄り添う

[有料会員限定]

令和の新時代を迎えて5月で2年。新型コロナウイルス禍で、即位直後から国民との接点が激減する異常事態のなか、天皇陛下は歩みを続けてこられた。オンラインで距離を縮めながら、自殺増や気候変動といった社会問題に呼応する――。新たな象徴のあり方を模索する姿勢が浮かび上がりつつある。

「治療や感染の拡大の防止に尽力されている方々の御労苦に深く思いを致します」(2020年2月、誕生日記者会見)

即位後最初の大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン