/

陸上の唐沢選手、"母親"役に「メダル掛けてあげたい」

陸上男子5000メートルで銀メダルを獲得した唐沢剣也選手。練習のサポートチームで〝母親〟役を務めるのが清野衣里子さん(64)だ。

清野さんが前橋市内で営む鍼灸(しんきゅう)院には陸上に取り組む地域の学生らが通い、職業体験にやってきた際に唐沢選手と知り合った。

鍼灸院のトレーニングルームを練習拠点として提供し、通院していた知人をガイドランナーとして紹介。マッサージや、はり治療で体のケアも欠かさない。

鍼灸院の近所で1人暮らしをする唐沢選手にとって、体づくりの基本は清野さんの手料理。朝と夜の練習を終えると、鍼灸院で食べ、昼の弁当も清野さんが作り置いたおかずを詰める。

「真面目で辛抱強いところはすごい」。周囲の応援に感謝して練習に打ち込み、タイムを縮めてきた。清野さんは家族のように向き合いながら隣で努力を見続け、レース直前には電話で「夢の舞台。とにかく楽しんで走って」と励ました。

「力は出しきった。清野さんにメダルを掛けてあげたい」と笑顔で感謝したランナー。弾むように刻んだピッチに「頑張ったね。たいしたもんだ」とねぎらいの言葉を贈った。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン