/

この記事は会員限定です

通信手段「携帯電話」認めず 小型旅客船、知床事故受け

[有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故を受け、国土交通省は27日、小型旅客船の安全設備や船員教育を見直す案をまとめた。つながりにくい海域がある携帯電話は通信設備として認めず、寒冷地ではぬれずに救助を待てる「救命いかだ」などの搭載を義務付ける。沈没事故の再発防止に向け、小型旅客船の安全管理体制を強化する。

同省の改善案は安全対策を議論している27日の有識者検討委員会に示され、おおむね了承された。船舶に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン