/

この記事は会員限定です

異例ルートの台風8号、背景に北の高気圧

[有料会員限定]

台風8号は東北に上陸が見込まれる異例のルートをたどる。通常よりも北にある太平洋高気圧と、台風の西にある「寒冷渦」の存在が背景にある。似た進路で岩手県に上陸した2016年の台風10号では人的被害も出た。今回も土砂災害や河川の氾濫などに警戒が必要だ。

気象庁によると、宮城、福島に上陸すれば1951年の観測開始以来、初めて。

日本のはるか南方で発生した台風は、南に張り出した太平洋高気圧のふちをたどって沖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン