/

この記事は会員限定です

「緑のさかな」 漁業の逆境、価値共有で克服めざす

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

日本の多くの浜では、魚をとりすぎないように資源を自ら管理する「資源管理型漁業」が営まれている。生産を支える藻場や干潟の保全、河川上流域の植林にまでも取り組む漁協や漁業者団体がいくつもある。こうした漁業で生産され、その価値を認める流通によって消費者に届けられる水産物を、私は「緑のさかな」と呼んでいる。

「緑のさかな」のフードシステムでは、流通業者が資源環境を持続的に利用する生産者のパートナーとして、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン