/

この記事は会員限定です

孤立防げ、GWも悩み相談 住まい・雇用の不安に対応

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で雇用や生活に不安を抱える人が増える中、一部の自治体や支援団体はゴールデンウイーク(GW)中も相談窓口を開き、切れ目ない支援体制を提供する。救いを求める声が届きにくい子どもへのケアも欠かせない。

神戸市はGWが始まった29日、生活上のストレスへの心のケアを目的に臨時の相談窓口を開設した。窓口での対応は通常、平日のみとしてきたが、GW期間中の5月1~5日を加えた計6日間も保健師や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン