/

この記事は会員限定です

大学院、博士人材の就職後押し 将来不安解消へ本腰

[有料会員限定]

大学院博士課程の院生の就職支援に力を入れる大学が目立ってきた。キャリアパスを学術界の外へも広げるため、企業との交流イベントや共同研究を増やしている。就職先確保に苦労する院生が多く、将来への不安が博士課程の人気薄につながっていた。博士人材の活躍を後押しし、大学院の活性化を狙う。

「採血をせずに血液分析できる指輪です」。神戸大学のキャンパスで7月下旬、博士課程の院生らが「新製品」のプレゼンテーション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン