/

トヨタ販売会社罰金50万円 不正車検、個人は不起訴

トヨタ自動車系列の販売店で不正車検が相次いで発覚した問題で、愛知県の豊橋区検は26日、道路運送車両法違反の罪で、法人としての「ネッツトヨタ愛知」(名古屋市昭和区)を略式起訴した。豊橋簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し、同社は即日納付した。

一方、名古屋地検豊橋支部は26日、道路運送車両法違反容疑などで書類送検されていた、ネッツトヨタ愛知の店舗「プラザ豊橋」(愛知県豊橋市)の元副店長ら男性10人を不起訴とした。理由は明らかにしていない。

ネッツトヨタ愛知は「関係者や地域の皆さまにご心配とご迷惑をおかけし、改めて深くおわび申し上げる。再発防止の徹底に全社一丸で取り組む」とのコメントを出した。

プラザ豊橋では2018年12月から21年1月にかけて5158台全ての車検で法令違反があったことが同3月に判明。愛知県警は今年2月、このうち11台について書類送検した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン