/

この記事は会員限定です

凶行の予兆どうつかむ 単独犯、SNSに心境投稿

安倍元首相銃撃事件1カ月(上)

[有料会員限定]

安倍晋三元首相が奈良市の街頭演説中に銃撃されて死亡した事件では、特定の組織に属することなく、銃器すら自作する単独犯への対策の難しさが浮き彫りになった。SNS(交流サイト)への投稿やインターネットでの原材料調達からどう予兆をつかむのか。事件発生から8日で1カ月。凶行の察知に向けた動きを追った。

「こんな危険な投稿があったのか」。デジタルリスク検知サービスのエルテス(東京・千代田)の社員がつぶやいた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃に関する最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン