/

この記事は会員限定です

大学でデータ教育拡大 題材に工夫、就活で活用も

[有料会員限定]

全国の大学がデータサイエンス教育の拡充を急いでいることが日本経済新聞が実施した学長アンケートで分かった。不足する指導者の確保など課題は山積するが、各大学は身近なテーマを授業の題材にしたり、就職活動で活用できるようにしたり工夫を凝らしている。

2020年度から、全ての新入生にデータサイエンスの授業を必修化している富山大。1年生の前期に「情報処理」(2単位)を履修し、パソコンの基本的な使い方とあわせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン