/

この記事は会員限定です

遠隔学習「全校対応可能」6割どまり 緊急事態の21市区

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が出ている21都道府県の中心市区で、休校時に小中学校全校でオンライン学習ができるのは6割にとどまることが日本経済新聞の調べで分かった。4割は教員の習熟度や通信環境などにばらつきがあり対応が難しかった。夏休み明けの新学期とともに休校が相次ぐなか、学力や心のケアのためオンライン対応の充実は急務だ。

昨春の一斉休校時に学びが滞った経験を踏まえ、文部科学省は昨年9月、非...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン