/

この記事は会員限定です

技能実習生の監理団体に再勧告 内閣府「責任追及不足」

(更新) [有料会員限定]

外国人技能実習生の受け入れ窓口「監理団体」の大手、国際人材育成機構(通称アイム・ジャパン、東京・中央)が、特定企業への利益供与について幹部の責任追及が不十分だったなどとして、内閣府から2度にわたり勧告を受けていたことが27日、内閣府への取材で分かった。内閣府は「役員体制の抜本的な再構築」を求めた。

内閣府によると、公益法人が同じ内容で2度の勧告を受けるのは現行制度となった2008年以降で初めて。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン