/

小室圭さんが帰国 眞子さま、10月中にも婚姻届提出へ

(更新)

秋篠宮家の長女、眞子さま(29)との婚約が内定している小室圭さん(29)が27日午後、滞在先の米国から帰国した。新型コロナウイルス対策の2週間の待機期間の後、お二人は10月中にも婚姻届を提出するとみられる。眞子さまは皇籍を離脱し、民間人となる。宮内庁が近く発表する。

小室さんは27日未明(米東部時間26日午後)に米ニューヨークの空港をたち、午後3時半ごろ、成田空港に到着した。約3年ぶりに帰国した小室さんは長髪を後ろで束ね、白いマスクにノーネクタイのスーツ姿。新型コロナの検査後、警察関係者とみられる人たちに囲まれてワゴン車に乗り込み空港を後にした。報道陣に向かって一礼したが、呼びかけには答えず終始無言だった。

宮内庁は結婚の日程を近く発表し、お二人そろっての記者会見を開くとみられる。小室さんにとっては、母親と元婚約者の間の「金銭トラブル」の現状について、自身の口から初めて説明する機会となる。

眞子さまは結婚で皇室を離れる際に受け取る一時金や、関連儀式の挙行を辞退する意向を示されており、宮内庁が調整を進めている。

小室さんは眞子さまとの結婚延期公表後の2018年8月、米国で法曹資格を得るため、単身渡米しロースクールでの留学生活に入った。今年5月に卒業し、7月にニューヨーク州の弁護士試験を受験。同州の法律事務所に就職が決まった。合否は12月までに判明するといい、結婚後は現地で眞子さまと新生活を送るとみられる。

小室さんが就職する法律事務所は、ニューヨークやワシントンなど米国内に5つの事務所を持ち、350人超の弁護士が在籍する。同事務所のホームページによると、小室さんを「Law Clerk(法務助手)」と紹介。起業家や新興企業、投資家に、ベンチャーキャピタルの資金調達などについて助言する役割を担うとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン