/

この記事は会員限定です

秋葉原殺傷14年 孤立の矛先なお「社会」に

加藤智大死刑囚の死刑執行

(更新) [有料会員限定]

東京・秋葉原で2008年に発生した無差別殺傷事件で、加藤智大死刑囚(39)の刑が26日、執行された。裁判ではインターネット上の居場所を失い、孤独を深めた矛先が「社会」に向いた姿が浮き彫りになった。孤独や孤立は近年相次ぐ襲撃事件でも背景として指摘される。他者とのつながりをどう築くのか。社会に衝撃を与えた事件から14年たった今も対策は道半ばだ。

「強固な殺意に基づき敢行された無差別殺人で、7人の尊い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン