/

この記事は会員限定です

感染・暑さ・台風…五輪リスク顕在化 追加対策急ぐ

[有料会員限定]

東京五輪の競技運営が本格化する中、競技会場などでは選手や関係者がマスク着用を怠るなど、新型コロナウイルス対策の「緩み」が目立ち始めてきた。大会の進行とともに、暑さや台風など日本ならではの気候への対応も浮上。大会組織委員会は改めて感染対策の周知をはかるなど、新たに生じた課題への追加対策を急いでいる。

選手や関係者で1日以降、26日までに確認された感染者は148人に上る。組織委の業務委託先職員が半数程...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン