/

この記事は会員限定です

危険潜む通学路、全国で7万カ所 千葉事故受け一斉点検

(更新) [有料会員限定]

千葉県八街市で6月に下校中の小学生5人がトラックにはねられて死傷した事故を受けて、政府が全国の通学路を対象とする一斉点検を行った結果、約7万カ所の危険箇所を確認したことが21日分かった。近く点検結果を公表し、地域ごとの安全対策を急ぐ。

警察庁によると、2016~20年の5年間に、歩行中に交通事故に遭って死亡または重傷を負った小学生は2734人に上る。通行目的別では「下校中」が約22%の614人と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン