/

この記事は会員限定です

引退撤回2度目の五輪 遅咲きのスケート女子・郷選手

(更新) [有料会員限定]

スピードスケート女子の郷亜里砂選手(34)は2018年平昌大会の出場後に現役引退したが、再び世界と戦うために氷上に舞い戻った。

「もう一度五輪の舞台に立てることに感謝と喜びを感じる」

結果が出なくてもくじけなかった遅咲きのスケーターは、大きな日の丸を手に日本選手団を導いた。「笑顔で選手たちの先頭に立ってしっかり歩きたい」との決意の通り、ベテランのアスリートとして重責を果たした。

オホーツク海に面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン