/

債務1.9億円負わせたか 日大元理事ら背任容疑で再逮捕

(更新)

日本大学付属病院の建て替え工事を巡る背任事件で逮捕された日大元理事の井ノ口忠男容疑者(64)と大阪市の医療法人「錦秀会」元理事長、籔本雅巳容疑者(61)が、医療機器の調達に絡んで日大に約1億9800万円の債務を不正に負わせる損害を与えたとして、東京地検特捜部は27日、2人を背任の疑いで再逮捕した。

特捜部は大学資金の一部を両容疑者側に還流させようと、日大と機器のリース会社との間で不要な契約を結ばせたとみて捜査している。

日大は2021年3月から5月にかけ、医学部付属板橋病院(東京・板橋)で使用する画像診断機器7台と電子カルテ関連機器を調達する契約をリース会社と交わした。

調べによると、井ノ口容疑者と籔本容疑者は、このリース契約の際、調達とは無関係の籔本容疑者側の会社が約1億9800万円の手数料を得る契約を日大と納入するリース会社の間で結ばせて日大に債務を負わせた疑い。

関係者によると、井ノ口容疑者は知人が経営するコンサルタント会社とともに、海外メーカーの画像診断機器などを選定。リース会社に対し、籔本容疑者側の会社に手数料が入る形の見積書を作成させ、日大に提出させたという。

手数料約1億9800万円のうち約2700万円はコンサルタント会社側に渡る計画だったが、籔本容疑者側の会社、コンサルタント会社のいずれも機器調達に関する業務は行っていなかったとみられる。

日大付属病院の機器調達は17年、日大の関連会社「日本大学事業部」(東京・世田谷)が一括で契約実務を担う仕組みに変更された。高額機器の選定に当たって医師や大学の管財部門などに意見を聞く仕組みもあったが、今回のリース契約では、こうした手続きが取られた形跡はなかったという。

再逮捕に先立ち、特捜部は27日、板橋病院の建て替え工事の設計・監理契約に絡んで20年8月に業務を受注した都内の設計会社から籔本容疑者側の会社に2億2000万円を送金させ、日大に同額の損害を与えたとして両容疑者を背任罪で起訴した。

日大は27日、「関係する全ての方々に対し改めて深くおわび申し上げる。事実関係の調査を継続し、事件の原因究明と再発防止を図り、コンプライアンスの徹底や信頼回復に努めていく」とするコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン