/

柳家紫文氏が死去 音曲師

柳家 紫文氏(やなぎや・しもん、本名=田島悟=たじま・さとし、音曲師)11月19日、ネフローゼ症候群のため死去、63歳。告別式は近親者で行った。

三味線を弾きながら、江戸庶民の擦れ違いざまのやりとりを駄じゃれ交じりに演じるネタや、都々逸を寄席で披露して親しまれた。歌舞伎の舞台でも三味線を演奏した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン