/

この記事は会員限定です

ドンキ前社長に有罪判決、東京地裁 株不正推奨事件

[有料会員限定]

ドンキホーテホールディングス(HD)株取引の不正推奨事件で金融商品取引法違反(取引推奨)罪に問われた前社長、大原孝治被告(57)の判決公判が27日、東京地裁であった。守下実裁判長は「一般投資家の信頼を大きく害した」として懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡した。

守下裁判長は判決理由で、ドンキホーテHD(現パン・パシフィック・インターナショナルHD)前社長の大原被告は在任中、公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン