/

河瀬直美さん親善大使に ユネスコ、日本人女性で初

【パリ=共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)は25日、映画「殯(もがり)の森」などの作品で知られる映画監督、河瀬直美さん(52)をユネスコ親善大使に任命した。日本政府代表部によると、ユネスコの活動を支援し、広報活動を行う親善大使への日本人の就任は5人目で、日本人女性としては初。

さまざまな年代の女性に焦点を当てた映画を発表し、人類への理解を深める機会を提供したことなどが任命理由。文化産業での男女平等推進への貢献が期待されている。

記者会見で河瀬さんは「世界中で脚光を浴びない人々にこそ光を当て、世界の舞台に上げることが私に託された役割と思う」と抱負を語った。

ユネスコのアズレ事務局長はフランス文化相を務めた経歴もあり、河瀬さんと長く交流を続けてきた。パリの本部で行った任命式で「私が大ファンなのは公然の事実」と笑いを誘い、河瀬さんが文化や人間の多様性を訴えてきたと称賛した。

奈良市出身の河瀬さんは、1997年に映画「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭の新人監督賞、2007年に「殯の森」で審査員特別大賞(グランプリ)を受賞した。既にユネスコがアフリカの女性映画人育成を支援する事業にも協力している。

日本人のユネスコ親善大使は画家の故平山郁夫さんが最初で、12年には茶道の裏千家前家元、千玄室さんが任命された。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン