/

この記事は会員限定です

五輪談合、メールで受注調整か 「1社のみ応札」多く

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックを巡る捜査が、テスト大会の入札談合事件に波及した。電通など参加事業者が入札情報を事前にメールでやりとりし、少なくとも半数近い入札で1社しか応札がなかったことも判明。東京地検特捜部と公正取引委員会は25日に電通などを独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で家宅捜索した。特捜部などは各社がメールで受注業者を決める調整に合意したとみており、応札に関する意思決定への影響の有無などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません