/

海保、ロシア側に捜索範囲拡大を通知 知床観光船遭難

北海道・知床半島沖で観光船が遭難した事故で、海上保安庁は25日、ロシア当局に対し、安否不明者の捜索範囲が同国の実効支配する海域に拡大する可能性があると通知した。「海上における捜索救助に関する国際条約」(SAR条約)による沿岸国と結ぶ協定に基づくもので、ロシア側は了承したという。

現場海域から北東の北方領土付近に漂流していることを想定する。海保担当者は「北方領土に漂着した場合も情報を伝達するよう求めた」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません