/

この記事は会員限定です

知床観光船遭難、海中の物体「船以外か」 海保が説明

(更新) [有料会員限定]

北海道・知床半島沖のオホーツク海で観光船が遭難した事故で、海上保安庁などは26日、残る15人の安否不明者の捜索を続けた。事故発生から4日目。すでに船体が沈没している可能性も視野に、海保は同日、海底を探査できる測量船を現地に派遣し、水深100メートル以上にも範囲を広げる。

第1管区海上保安本部は26日午前の捜索活動で、水中音波探知機(ソナー)に海中で一定の大きさのある物体の反応があったことを明らか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン