/

競泳・池江選手、「すごく幸せ」充実の涙 五輪決勝

(更新)
競泳女子400メートルメドレーリレー決勝のレースを終え笑顔の(左から)五十嵐千尋選手、池江璃花子選手、渡部香生子選手、小西杏奈選手(1日)=共同

白血病による長期療養を乗り越え、復活した池江璃花子選手(21)の五輪挑戦が終わった。1日の競泳女子400メートルメドレーリレー決勝は8位。「一度は諦めかけた五輪で決勝の舞台に立てた。すごい幸せ」。メダルこそ逃したが、今大会は計3種目に出場し、涙ながらも充実した表情を浮かべた。

試合前、他の選手がウオーミングアップをするなか、静かに目を閉じて集中した様子の池江選手。泳ぎ切った後は笑顔で最終泳者を迎えながらも、あふれ出る涙を止めることができなかった。

「一度は諦めかけた東京五輪の決勝の舞台に立てた。すごい幸せ」。白血病発覚からわずか2年半。この大会に出るために、厳しいリハビリにも耐えてきた。「またここに戻ってくることができて本当にうれしい」と語った。

「驚異の早さで復帰できたのは強い精神力があるからこそ」。小学校の6年間、指導した東京ドルフィンクラブ(東京・江戸川)の清水桂コーチ(46)は賛辞を贈る。

2019年末、池江選手からかかってきた電話が忘れられない。「もしもし。今からクラブに行きまーす」。入院中だと思っていた清水さんが驚くと「退院しました」と元気そうな声が返ってきた。

競泳女子400メートルメドレーリレー決勝で、バタフライで力泳する第3泳者の池江璃花子選手( 1日)=共同

間もなく訪れた池江選手。細くなった体に「スーパーモデルみたい」と声をかけると「そう。このジーンズ今しか入らないの」といつもの笑顔を見せた。

18年アジア大会で日本人初の6冠に輝いた池江選手は19年2月に白血病と判明し、入院した。抗がん剤治療の副作用で食事が喉を通らないこともあり、翌月にツイッターで「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」とつづった。

「璃花子から『しんどい』という言葉を聞いたことはなかった。よほど大変なんだろう」。弱音を吐く姿を見たことがなかっただけに、闘病生活のつらさを思いやった。

小学生のころ、練習で目標タイムを切れず、泳ぎ終えた池江選手を叱ったことがある。泣き出す子も多い中、プールの中から動じない目線で見返してきた。「何事も引きずらない精神面の強さは当時から抜きんでていた」と振り返る。

退院から約3カ月後の20年3月にプールでの練習を再開。6月には清水さんに「白血病の発覚前より(精神的にも肉体的にも)強くなったと思う」と語った。瞬く間に第一線に復帰し、東京五輪の代表入りを決めてみせた。

清水さんは、池江選手が小学校低学年の時に描いた絵を大切に保管している。外国人選手を差し置いて表彰台のトップに立ち、金メダルを首にかける少女。絵の下には「おリンピックでゆうしょうした!」と書き添えられている。

描かれた夢の実現は先延ばしとなったが、絶望的とみられていた五輪に出場を果たし、決勝の舞台で泳ぎ切った。「璃花子の新たな物語は始まったばかり。これからも水泳界を引っ張って」

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン