/

この記事は会員限定です

寒冷地向け救命具を義務化へ 小型船舶、知床事故受け

[有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故を受け、国土交通省は寒冷地で運航する船舶に備える救命器具を強化する方針を固めた。水温の低い海中に落ちずに、海上で救助を待つことが可能な「救命いかだ」などの搭載を義務付ける。事故の教訓を生かし、気象や海域など地域の実情に合わせた備えを急ぐ。

同省は27日、安全対策を協議している有識者検討委員会で、水温が低い地域で運航する船舶の救命設備の強化案を示し、了承を得る見通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン