/

RSウイルス18年以降最多 コロナ対策下で流行

乳幼児に肺炎を起こすこともあるRSウイルス感染症が、この時期としては現在の調査手法を採用した2018年以降で最多であることが25日、国立感染症研究所の集計で分かった。

新型コロナウイルス対策の影響で、多くの感染症が減少傾向だが、RSウイルスは春以降、関西や九州を中心に増加が目立っている。

全国に約3千ある定点医療機関から報告される感染者数は5月10~16日の1週間には3141人と、1機関当たりほぼ1人となっている。大阪府(538人)や福岡県(378人)が多い。

斎藤玲子新潟大教授(公衆衛生学)は「乳幼児がマスクを着用したり、他人との接触を避けたりすることは難しく、流行しているのではないか」と指摘する。

RSウイルスは主に飛沫や接触によって感染する。多くは発熱や鼻水といった症状にとどまるが、気管支や肺に炎症が広がって死亡することもある。特効薬はなく、マスクの着用や手洗いによる予防が重要。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン