/

パチンコメーカー元会長に賠償命令 香港子会社巡り

香港子会社による融資などを巡り、親会社のパチンコメーカー「ユニバーサルエンターテインメント」に損害を与えたとして、同社の株主が岡田和生元会長に賠償を求めた株主代表訴訟の判決が25日、東京地裁であった。朝倉佳秀裁判長は請求を認め、元会長に1億3600万香港㌦と約17万㌦(現在のレートで総額約20億3千万円)を同社に支払うよう命じた。

判決によると、元会長が代表者だった香港子会社は2015年3月、元会長の資産管理会社が資金を貸与していた第三者側に対し、無利息で1億3500万香港㌦(同約19億9千万円)を融資。資産管理会社は直後に第三者側から返済を受けた。

朝倉裁判長は、香港子会社による融資が「元会長の資産管理会社の利益を図ることを目的としていた」と指摘し、子会社の全株式を保有する親会社に損害を及ぼしたと判断。元会長については親会社取締役としての注意義務などに違反したと認めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン