/

この記事は会員限定です

養育費不払い、公正証書で防ぐ 自治体の作成支援広がる

[有料会員限定]

離婚後の養育費などの取り決めを法的に証明する「公正証書」の作成費用を補助する自治体が増えている。公正証書を作れば、養育費が支払われなくなっても、裁判なしで相手の預貯金などを差し押さえられる場合がある。新型コロナウイルス禍で困窮するひとり親世帯は多いが、補助制度がない自治体も少なくない。専門家は国を挙げた対策を求めている。

「養育費が支払われず生活が苦しい」。2020年の暮れ、浜松市の丹羽聡子弁護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン