/

札幌2歳児虐待死、懲役13年確定へ 母親の交際相手

最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は、札幌市で2019年、池田詩梨(ことり)ちゃん(当時2)を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた藤原一弥被告(26)の上告を棄却する決定をした。22日付。懲役13年とした一、二審判決が確定する。被告は事件当時、詩梨ちゃんの母親(23)=懲役9年確定=と交際、同居していた。

判決によると、19年5~6月、詩梨ちゃんの頭を殴ってけがを負わせた。母親と共謀し、必要な治療を受けさせなかったほか、体重が減っていたのに必要な食事を与えず放置し、同年6月5日に衰弱死させた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン