/

この記事は会員限定です

警察手続き、オンライン化加速 使い勝手に課題も

[有料会員限定]

警察庁が道路交通法などに関わる手続きのオンライン化を推し進める。来年1月から専用サイトを通じ、新たに14の手続きで申請や届け出を受け付ける。2023年度以降を目指す本格運用に向け、周知や使い勝手の向上が課題となる。

対象の手続きは駐車許可の申請など道交法関係が9つ、ドローン(小型無人機)規制や災害対策基本法などの関係が5つある。利用者は同庁のホームページ経由でアクセスできる「警察行政手続サイト」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン