/

東京や大阪、今季最低気温 最強寒波で26日にかけ荒天

強い寒気が日本上空に流れ込んだ影響で、25日未明にかけて全国で今季最低の気温を記録した。水道管の凍結や路面状況に細心の注意が必要だ。日本海側を中心に大雪となり、各地で高速道路の通行止めや鉄道の運休、空の便の欠航が続いている。荒れた天候は26日にかけて続く見通し。

25日未明にかけて全国的に今季で最も低い気温を記録した。午前5時までに東京都心で氷点下2.3度、名古屋で同3.4度、大阪で同1.9度、福岡で同2.5度を観測した。

25日午前5時時点の積雪の深さは、京都市で13センチ、神戸市で2センチ。東京都心では24日午後8時ごろに初雪を観測したが、気象庁によると上空の強い寒気に伴う雪雲や雨雲が移動し、新たに雪が積もる恐れはなくなった。

気象庁によると、千島近海に発達中の低気圧があり、日本の上空約5000メートルに北日本から東日本で氷点下42度以下、西日本で同36度以下と、今冬最も強い寒気が流れ込んでいる。日本付近は26日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みだ。

北日本から西日本の日本海側では引き続き大雪となり、太平洋側の平地でも大雪になるところがある。全国的に非常に強い風が吹いて大しけとなる見込みだ。同庁は大雪や路面の凍結による交通障害、暴風雪、高波に警戒を呼びかけている。

26日午前6時までの24時間の降雪量は東北地方で80センチ、北海道と北陸で60センチ、関東甲信と近畿で50センチ、東海で40センチ、中国で30センチと予想される。

東日本と西日本では25日昼前にかけて大気の状態が非常に不安定となるところがあり、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。気象庁は、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど安全確保に努めるよう呼びかけている。

26日にかけても全国各地で気温が平年より低いか、かなり低くなる見通しだ。同庁は、雪や雨が降った地域では路面や水道管が凍結する恐れがあるとして注意を呼びかけている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません