/

「犠牲」は日本人意図せず IOC、会長発言で説明

【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が新型コロナウイルス禍での東京五輪開催を実現するために「われわれは犠牲を払わなければならない」とした発言を巡り、IOCの広報担当者は24日、「日本国民にではなく、五輪関係者、五輪運動に向けた発言」と説明した。

インドのPTI通信は「五輪の夢を実現するためには、誰もが何らかの犠牲を払わなければならないとIOC会長が述べた」と報じていた。

IOCが公開したスピーチの詳細によると、バッハ氏は国際ホッケー連盟のオンライン総会で、制約が伴う大会のコロナ対策や参加者のワクチン接種に触れつつ「最優先事項は選手や参加者、開催国日本の皆さん、全ての人にとって安全で安心な五輪を開催することだ」と強調。その上で「五輪コミュニティーの全員が犠牲を払わなければならない。前例なき状況に適応するための犠牲だ。五輪の本質である競技に焦点を当て、選手が五輪の夢をかなえられるように、あらゆる手段が講じられた」などと語った。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン