/

成田滑走路にカメ、12分間閉鎖 出発便に遅れ

(更新)
成田空港のA滑走路で見つかったカメ(24日午後)=共同

成田空港で24日午前、A滑走路にカメ1匹が侵入し、同滑走路が12分間閉鎖された。国土交通省成田空港事務所によると、出発便5機が最大15分遅れた。この中には機体に大きなウミガメの親子が描かれた全日空の旅客機もあり、SNS(交流サイト)上では「見送りに来たのか」などの声も上がった。

成田国際空港会社(NAA)などによると、カメは全長約30センチ、重さ約2.1キロで、滑走路上をゆっくり歩いていた。滑走路閉鎖の原因は部品落下や鳥の衝突が多く、小動物は珍しいという。

日航のクアラルンプール行き定期便のパイロットが、誘導路から滑走路に入る地点にカメを見つけ、管制官に連絡。空港職員が捕獲した。

この機体の後に控えていたのがウミガメの親子が描かれた那覇行きの便。全日空によると、機内ではカメの侵入で停止しているとのアナウンスが流れた。客室乗務員も「お客さまもクルーも非常に和やかな雰囲気で出発できた」と話していたという。

同便は元々はハワイ・ホノルル便で使う機体で、現地語でウミガメを意味する「ホヌ」にちなんで「フライング・ホヌ」の愛称で知られていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン