/

この記事は会員限定です

「テレワーク足」ご用心 在宅で機能低下、痛みや不調

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で外出の機会が減るなか、立つ時にふらついたり、足に痛みが出たりする人が増えている。原因は在宅勤務などによる足の機能低下で、適切に対処しなければ疲労骨折などを引き起こす恐れもある。専門家は無理のない運動や適切な靴選びを呼びかける。

「長期の在宅勤務による『テレワーク足』ですね」。7月、「足のクリニック表参道」(東京・渋谷)を訪れた40代男性はこう診断を受けた。

男性は片道40分か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン