/

この記事は会員限定です

初詣そろり再開 明治神宮「混雑対策強化」、慎重姿勢も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスへの警戒が続くなか、2021年も暮れようとしている。足元の感染状況は落ち着いており、新年の初詣は参拝を制限せず、混雑回避の対策を取って従来通りの受け入れを再開しようと模索する寺社が出ている。ただ新たな変異型「オミクロン型」の感染拡大の懸念もあり、長期間で分散参拝を促すなど慎重姿勢の寺社も少なくない。

新型コロナの感染が広がる前の20年の年始まで、例年300万人以上の初詣客が訪れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン