/

五輪で感染拡大「陛下が懸念と拝察」 宮内庁長官

(更新)
宮内庁の西村泰彦長官

宮内庁の西村泰彦長官は24日の定例記者会見で、開幕まで1カ月を切った東京五輪に関する質疑のなかで、「天皇陛下は現下の新型コロナの感染状況を大変心配されている」と述べた。そのうえで「国民の間に不安がある中で、開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」との考えを示した。

陛下は東京五輪・パラリンピックの名誉総裁に就いており、東京大会では開会式に出席し、開会宣言をされることなどが検討されている。

西村長官は、陛下の「懸念」については「私が陛下とお話ししているなかで、肌感覚で感じていると受け取ってほしい」と説明。自身の見解として「感染が拡大するような事態にならないよう、組織委員会をはじめ関係機関が連携し、感染防止に万全を期してほしい」と要望した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン