/

この記事は会員限定です

「避難指示」一本化、自治体に重責 危機感共有道半ば

豪雨防災は今㊦

(更新) [有料会員限定]

今年5月、災害時に自治体が出す避難勧告が廃止され、「避難指示」に一本化された。自治体が発信するメッセージを明確にすることで、住民の早期の避難行動につなげる狙いがある。ただし、避難指示の乱発は緊張感の緩みにつながり、ためらえば逃げ遅れを助長する可能性もある。効果的な運用に向け、自治体は重い責任と難しい判断を迫られている。

5月21日朝、岐阜県中津川市の防災安全課の職員たちは、激しい雨で上昇を続ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン