/

乏しい物証、証言に注目 来月に点滴中毒死初公判

(更新)

横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で2016年に起きた点滴連続中毒死事件で、殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判初公判が10月1日、横浜地裁で開かれる。被告は70~80代の入院患者3人の殺害を認めたとされるが、決定的な物証は乏しい。法廷での証言などが注目される。

3人が亡くなったのは16年9月16~20日。いずれも点滴を受けた直後に容体が急変し、遺体や血液、病室近くに保管されていた点滴袋から、消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出された。

点滴への消毒液混入という手口から、神奈川県警は医療の知識や技術を持った人物による内部犯行とみて捜査。しかし、院内で働いていれば点滴や注射器から指紋が出ても有力証拠にはならない。3人が入院していた4階に防犯カメラはなく、捜査は難航した。

しかし、事件発覚後に院内に新たに設置した防犯カメラに、被告が患者への使用予定がない薬剤を持ち歩く姿が映っていたことから捜査は動き出した。

被告の看護服のポケットから界面活性剤の成分が検出されたことで、県警は18年6月、任意の事情聴取に踏み切った。被告は関与を自供。同7月に殺人容疑で逮捕した。

病院は終末期の患者を積極的に受け入れていた。捜査関係者によると、被告は取り調べで「勤務中に患者が亡くなると、遺族が説明に納得してくれるか不安だった」などと動機を説明。発覚の約2カ月前から「20人ぐらいに消毒液を入れた」と供述したとされる。

しかし、遺体は既に火葬され、起訴したのは3人に対する殺人罪と、点滴袋5袋に消毒液を混入したとする殺人予備罪だった。

事件と被告を結び付ける直接的な証拠はなく、公判で証言が覆る可能性もある。捜査関係者は「真摯に向き合ってほしい」と話す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン