/

この記事は会員限定です

旅客船の違反、厳罰化 知床事故受け国交省検討会

[有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故を受け、再発防止策を議論する国土交通省の有識者検討会は24日、海上運送法を改正し罰則を強化する対策案を了承した。同法に基づく安全確保命令に違反した場合、現行は100万円以下の罰金額の引き上げや、懲役刑の導入を検討する。

15人が死亡した2016年の軽井沢スキーバス事故をきっかけに道路運送法の安全確保命令違反の罰則に懲役刑が導入されるなど、重大な事故を起こした他の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン