/

北海道・網走で流氷初日 平年より2日遅く

北海道の網走地方気象台は24日、網走市の陸地からオホーツク海の流氷が肉眼で見える「流氷初日」を迎えたと発表した。平年より2日遅く、昨年より7日遅い。

午前7時ごろ、気象台職員が網走市沖約20キロの水平線上に筋状に浮かぶ、白く細長い流氷を確認した。北風やオホーツク海の海流の影響で南下が進んだとみられる。

21日には宗谷岬(稚内市)の南東からサロマ湖(北見市など)にかけて流氷が接岸しているのが確認され、紋別市は同日に流氷が接岸し船の航行ができなくなる「流氷接岸初日」を迎えたと発表していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン