/

この記事は会員限定です

基地問題に揺れ続ける沖縄 「選挙で争点、いつまで」

衆院選2021・現場を歩く

[有料会員限定]

沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の返還で日米が合意して25年。選挙のたびに名護市辺野古への基地移転の是非が争点となるが、住民の間には「建設的な議論が望めない」と諦めムードも漂う。国と地方が対立する問題で、いかに熟議を深めるか。安全保障にとどまらず、様々な政策分野で問われる課題だ。

22日午前、辺野古の沿岸部では、小雨の降る海に大小約20隻の工事関連の船舶が浮かんでいた。すでに基地建設予定区域の一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1439文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン