/

この記事は会員限定です

知床観光船遭難、全国一律の法律に盲点 寒冷対策が急務

(更新) [有料会員限定]

北海道・知床半島沖のオホーツク海で観光船が遭難した事故では、寒冷の海に転落した場合の救助の難しさが浮き彫りになった。船の救命設備を全国一律で義務付ける現行法の盲点ともいえ、気象や海域など地域の特性を踏まえた安全対策を求める指摘が出ている。25日には子ども1人の死亡が判明し、死者は11人となった。

第1管区海上保安本部などは25日、現場海域の捜索を続けた。子どもは知床岬先端から東に約14キロの海上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン