/

「1位目指す子増えて」 ショパン2位の反田さん

【ワルシャワ=共同】ポーランドの首都ワルシャワで開かれた「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール」で、それぞれ2位と4位に輝いた反田恭平さん(27)と小林愛実さん(26)が23日、宮島昭夫駐ポーランド大使の公邸を訪問した。反田さんは宮島氏との面談で、自分たちの姿を見てコンクールで「1位を目指すという子どもたちが増えれば本当にいい」などと語った。

小林さんはピアノを習う子どもたちに対して「頑張るのは大切」としながらも「息抜きしながら、普通の人生を歩みながら、音楽をやった方がいいと思う」と話した。反田さんも「多趣味な人ほど引き出しが多い」と応じた。

宮島氏は2人の活躍を通じて「ポーランド人と日本人のハートが一歩も二歩も近づいた」と述べ、功績をたたえた。スーツ姿の反田さんも白いシャツの小林さんも、コンクール中と比べてリラックスした表情だった。

反田さんはコンクール中の心境について「生きた心地がしなかった」と振り返った。小林さんは「コンクールは通過点にすぎない。それからどうなるかが一番大事なところ」などと話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン