/

ブルーインパルス飛行、3色のスモーク パラ開会式目前

(更新)

東京パラリンピックの開会式当日の24日午後、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が大空を舞った。東京都心の上空にパラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」に使われる赤、青、緑のラインをカラースモークで描いた。

代々木公園(東京・渋谷)では都内の聖火リレーのゴールを迎え、「到着式」を開催。式典最後にブルーインパルスが上空を飛び去ると、集まったランナーや関係者から歓声が湧いた。

都内の聖火リレーは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、公道走行を中止し、点火式のみが行われた。聖火は24日夜の開会式へつながれる。

ブルーインパルスは五輪開会式の7月23日にも都心を飛行した。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン